施工事例

HOME >> 施工事例 >> 09.外部を取込んだ別荘

外部を取込んだ別荘

外部を取込んだ別荘

南面に壁をつくらず、南面のほとんどを窓にした建物。壁がないので柱、梁の接合部を製作金物で対応することで剛性を出し、筋交いの必要のない工法をとりました。大きな浴槽を希望されたので、既製のものでなく現場製作でタイルを貼ることを提案、キッチンもオリジナルで製作するなど、手づくり感のある別荘です。ただ、窓が広すぎるため利便性を考え、電動式の雨戸となっています。

設計:室伏次郎+スタジオアルテック
施工:市川保工務店

構造工法:木造在来工法+一部S造
規模:地上2階
敷地面積:3152.18 m²
建築面積:138.84 m²
( 建蔽率4.4%、許容20% )
延床面積:162.71 m²
( 容積率5.1%、許容20% )
1階122.97 m²、2階39.74 m²
設計期間:1993年11月〜1994年8月
工事期間:1994年9月〜1995年7月

雑誌掲載 新建築 jt 9703